JALの破綻から復活まで

JAL事、日本航空株式会社は、国内の航空会社の中で最大規模の国際線網と国際線乗客数を有するという、日本の航空会社です。それだけに、2010年に経営破綻して会社更生法適用を申請した事は、航空業界事情的には有り得ないとも言える事件で、航空業界事情を知る人程、大きな衝撃を受けたものでした。 そもそも何故、国内を代表する航空会社が経営破綻にまで追い込まれたかと言うと、当時の景気の悪さというのがまずあります。というのも、国内の移動に関しては、飛行機よりも安い鉄道やバス、自動車を利用する人が増え、単純な利用者が激減していた事に加え、仕事で海外出張する乗客も以前はビジネスクラスを購入していたのに、エコノミーしか購入してくれなくなった事で、乗客の単価が安くなる等して、売上が減少した事もあります。 ただしそういった状況は何もJALだけでなく、航空業界事情として他社にも大きな影響を及ぼしていました。ですが何故、日本航空が経営破綻するまで追い込まれたかと言うと、高コスト体質にあったからです。日本航空は乗客が減ったにも関わらず、燃料を大量に消費する大きな飛行機を飛ばし続け、赤字を拡大させていた上に、社員の数も多く、更に企業年金も高額支給する等、経営上の様々な問題点を抱えていたのです。経営破綻した事で、日本航空の問題的な体質が世間に知れる様になり、航空業界事情に明るくない人からも大きな批判を浴びる事となったのです。 そんな風に経営破綻したJALですが、2012年の3月期の決算では、早くも過去最高収益を記録する等、一気のV字回復を実現しました。この様な形で早期に復活出来た理由としては、やはり高コスト体質からの脱却という面が大きいです。具体的には、人員削減を押し進めつつ、赤字路線を積極的に廃止する等、兎に角、無駄なコストを抑え、経営のスリム化をはかった事が功を奏したのです。その上、シートや機内食を見直し、新たな乗客を呼び込むという戦略も、JAL復活の一因となりました。

ホテル予約サイト

ドバイのおすすめホテル

ドバイの空港近くのホテルを検索

ソウル満員御礼ホテル

グループ、一人旅など旅行のスタイルでも選べる、韓国のホテル検索予約サイト

台北満員御礼ホテル

台湾旅行の女性にオススメ。「台北満員御礼ホテル」