LCCの台等

近年の航空業界事情は、本当に変わりつつあります。以前の日本では、日本航空であるJALや全日空であるANAが主流でした。やはりJALが一番強かったのです。 パイロットの年収は、数千万円級ともいわれ、スチュワーデスの給与も普通のOLとは並外れたもので、憧れの花形の仕事でした。今でも人気があることは確かですが、昔ほどの待遇でもなく、以前では考えられないほどの人員削減などを行い、以前ほどの人気もなくなりました。JALも一時期経営難に陥り、公的な資金を投入しながら、経営をの立て直しを図りました。 そのような事態が発生している裏側では、航空業界事情として、じわじわとLCCといって格安の航空会社が増えていったのです。格安であるLCCは、確かにとても運賃が安く、今までの航空業界の常識を打ち破っているようなところがあり、初めは人々も少し不安に思うような部分がありました。キャンペーン運賃では、国内線や韓国路線など、2~3時間のフライトで、数百円とか数千円といった価格を出し、話題になりました。キャンペーンを行うことによって、人々に知らせるような宣伝効果もあるのです。 一度乗ってみると、意外にも乗りやすく、機内サービスも最低限であったりするために運賃を下げられることがわかります。また、座席が若干狭いので、その分座席数を多く確保できたりするような工夫も見られます。機内食やブランケットなどは別料金なので、必要な人だけ頼むといった感じで、無駄がないのです。事前に、飲食物を購入して、搭乗すればいいだけなのです。 現在の航空業界事情としては、国内路線や国際路線でも、このような格安のLCCの便数が相当多くなっています。上手に使えば、とても便利にお得に旅をすることができるのです。 しかしながら問題点もあり、飛行機に遅れが出やすかったり、さまざまな状況から欠航になりやすかったり、便数を増やし過ぎてパイロットを確保できないなどの航空業界事情もあるのです。